話題のビットコインが、どのようなシステムなのか?投資の初心者が売買を始めるときのリスクといったマイナスの面など、聞きにくいビットコインの初歩的な知識などに関して、初心者の方のために納得できるように分かりやすく説明します。

「ビットコインとは何ぞや?」

まずは、「ビットコインとは何ぞや」という方に一言でいうと「ビットコインとは仮想通貨」の一種です。仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、データで取引され実際の通貨のように現物は存在しません。

仮想通貨は600種類以上も存在するといわれ、その代表格がビットコインです。ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれ多種多様な通貨があり、日本ではイーサリアム、リップル、ライトコイン、ネムといったアルトコインが人気があります。

この仮想通貨を取引するのが仮想通貨投資です。仮想通貨の一つのビットコインの投資は、持っているビットコインの価格が上昇して、価格の上がった元のビットコインを売れば、購入額と売却額の差になる額の儲けが出現するのです。ここのところにビットコイン投資をやる最大と言ってもいい魅力があるということなのです。

「ビットコインは購入するには?」

ビットコインを購入するには、取引所で口座を開設しなければいけません。数年前とはすっかり違って国内にも多彩なビットコインの取引所が営業していることはご存知だと思います。

取引に関する条件はもちろん最も気になる取引所そのものの信頼度が予想以上に異なりますので、いずれの取引所だったら最も安心できるのか事前にじっくりと検討してから、口座を新たに開いていただく必要がありますからご注意してくだい。

取引所に口座を開設するにはアカウントを作成して免許証などの本人確認書類を提出します。取引所によってはIDセルフィーといって、顔と身分証明書が一緒に撮影されている画像の提出を求める所もあります。

申請から開設まで一週間前後の日数を要するので早めに手続をしておく事をオススメします。ビットコインなどの仮想通貨の取引所として有名なのは、BitFlyer、Coincheck、Zaif などがあります。

取引所の口座開設が完了したら、ビットコインの購入・取引が可能になります。銀行振込などの方法で自分の口座に入金してビットコインを購入しましょう。

この時に取引所と提携している銀行に口座をお持ちであれば振込手数料が何回でも無料なのでビットコインの購入資金を節約することができます。

「ビットコインの投資」

ビットコインを購入して投資を始めるにはタイミングを見極めることも必要です。こちらのビットコインのチャートを見ればわかりますが、仮想通貨の相場は上下落が大きくタイミングを間違えると、かなりの損失を発生させていまうことになりかねません。

投資の初心者の方は、常に相場を観察して価格が下がった時に購入するか、ドル・コスト平均法といって安値のときに多く買い、高値のときは少し買うのを定期的に繰り返す購入方法を検討してみてください。

これからビットコインの投資にチャレンジする初心者の方については、上記のようなリスクの少ない投資方法から始めて、経験を積んでからは「単純な値上がりの予測とか分析に依存することなく、自分自身でオリジナル投資スタイルや状況に適した投資テクニックを確立すること」を大きな目標にするといいのではないでしょうか。